自転車日本一周をして思った最適な旅の装備・持ち物について(衣類や靴)

何気に間違えて選んでしまう衣類や生活用品

 IMGP3554.jpg

衣類について

オシャレに旅をしたいのであれば自分の好きな服を着て旅をしましょう!
絶対にソッチのほうが楽しいと思います

僕は綿の服が大好きで家にいる時はよく着ていました
しかし旅となるとかなり苦労しました…
綿のTシャツとかパンツとか友達から頂いて履いてましたがどんどんカビていく

手洗いだと脱水できないし雨の時期になると乾燥できません…よって服が腐っていきます

なので綿の服は全て送り返しました
頂いた服はカビて腐っていく前に大事にとってあります!使わなくてごめんなさい! 

コインランドリーを使えばいいんですけど僕の場合はなるべく節約したかったのでほぼすべて手洗いでした

そして綿の服は濡れるととてつもなく重く、さらには体温まで奪われていきます
ジーパンで登山する方がいますが、雨が降って濡れたらかなり危険ですね

オススメは化繊の服

これも登山用品で選ぶと確実ですが結構高い
化繊の服ならイオンやしまむらなどでも売っているので探して見て下さい!
デザインは期待しても無駄…w

 

必要な衣類の種類

Tシャツ
半ズボン
長ズボン
インナー
上着
下着
靴下
レインウェア
手袋
靴 

これも登山用品で揃えれば確実です
ロードバイクやクロスバイクなどに乗っているのならサイクルウェアも様になるのでオススメ

 

Tシャツ 
僕は綿の服が大好き
でも綿の服はカビが生える…

そこで口コミで教わって購入して感動したのがウィックロンTシャツ 

 触った感覚がかなり綿の生地に近いです!
着心地も本当に快適
それなのにポリエステルでできていて吸水速乾性抜群です

値段は2400円ぐらいでTシャツを買うなら本当にオススメ
ただしデザインが少ないです
モンベル製品なので登山にも最適なTシャツです 

 

半ズボン長ズボン
買うならコンバーチブルタイプのズボンです
これは半ズボンにもなるし、長ズボンにもなるという優れもの

 モンベルのコンバーチブルパンツなら撥水性や伸縮性があって自転車に乗りやすくなっています。しかもそのまま登山にもいけちゃいます

他の会社も出しているので要チェック

インナー
インナーは結構重要だったりします
夏は使いませんが秋冬春は冷える時があるので1枚は必ず持っておくといいです

最近だとユニクロのヒートテックが有名ですがヒートテックはレーヨンという素材をつかっています。
レーヨンは濡れると体温を奪うという性質があるのでスポーツには不向き。むしろ登山で使うのはかなり危険

濡れても冷えないインナーを1枚用意しておくと寒い時期に大活躍します

その濡れないインナーとは・・・
ウール素材が適切
しかし結構高い…

僕がオススメするのはジオラインのインナー

薄手のものを1枚買っておけばかなり役立ちます
北海道ではかなり救われました…手持ちの別のインナーではあまり温まらくて意味がなかったのですがこのインナーはすごく暖かかったです

 

上着 
北海道は夏でもかなり寒かったので活躍しました
安いウィンドブレーカーかジャージが上下あれば大丈夫です

僕が使っていたのは
ライトシェルとウルトラライトダウン

ライトシェルはウィンドブレーカーの超薄いものと考えて下さい
ちょっと羽織るときに便利で収納サイズは缶コーヒーと同じぐらい小さいので鞄にちょいと入れるだけです
 

ライトダウンは北海道では必須
夏でも本当に寒い

ライトダウンはユニクロのダウンでも十分です
モンベルだったら山でも安心です
 

下着と靴下

パンツはしまむらの速乾性のパンツで十分です
綿のパンツ、とくにボクサーパンツは全く乾きません…
トランクスの速乾性素材をオススメします

靴下はウール素材がオススメ
靴下のくせに結構な値段がしますが…
濡れても乾きやすくて濡れても温かい
冬は足先が冷えて凍傷になりやすいので靴下はウールがいいと思います

モンベルの靴下が一番安い 

しかし普段履きにウールの靴下を揃えるのはなかなかつらい…
ユニクロでも全然ちゃ大丈夫です 

 

レインウェア
これはケチったらダメです
登山道具の中でもリュックと靴とレインウェアはケチったらダメだと言われています

ちなみに僕がはじめに使っていたレインウェア2000円のレインウェア
結局汗で濡れて意味が無いどころか発汗しないので悪循環

北海道最高標高の旭岳の登山にも使用していましたが、その時にモンベルの辰野会長とお会いして旭岳登頂記念にとモンベルの「トレントフライヤー」というレインウェアを頂きました 

このレインウェアを着てみると感動
今まで着ていたレインウェアはゴミ袋と同然

トレントフライヤーはゴアテックスという素材で水蒸気は通すが雨は通さない構造になっています。 
だから着ていても蒸れない
もちろん汗をかくと蒸れます。でもいつか乾く不思議なレインウェア 

買うならゴアテックスのレインウェアです! 
難点はかなり高い事… 

 

手袋 
手袋は寒い時に必須
凍傷になって取り返しの付かない事態になります
また手袋無しだとずっとハンドルを握っているので結構が悪くなって手が痺れてきますのであったほうがいいです
(僕は軍手だけでしたが…) 

春夏秋の3シーズンは
サイクリンググローブで十分です

冬場は絶対に防水防風のグローブを使ったほうがいいです。
スキー用のグローブも活用できるかと思います。 

これは蒸れないゴアテックスと同じような性質のグローブ
お値段もなかなか高いですが防水性は確実です 

 

靴やサンダル
靴やサンダルはレインウェア同様でケチったらダメです
僕の場合は登山もするので防水性のあるトレッキングシューズを使っています

防水性があるので靴用のレインカバーの必要なし
山に使う靴なので少し漕ぎにくいです
山に行くならしっかりとした靴を買うべきだと思います 

 

サンダルはKEENのサンダルが超オススメ
僕ら裸足が大好きなので冬以外はこれで過ごします

高いですが履いてみると納得の履き心地
靴底も厚くできているので異物を踏んだ時も貫通しません
つま先が守られているので転んだ時も比較的安全です

水陸両用なので海に行ったり川に行ったり…そのまま自転車に乗っちゃいます
僕はこれじゃないと旅をしたくないぐらいに気に入ってしまいました…
旅が終わったら別のカラーも買いたい

KEENのサンダルは超オススメしておきます 

 

 

長くなりましたが化繊で乾きやすい物で揃えると快適です
登山道具で揃えたのでかなりお値段が張りますが商品を選んで節約もできるのでよく考えて購入して下さい。
またネットで服や靴を買うのは慣れていないと結構間違えたりイメージと違ったりすることが多々あるので実際に店舗で買うことをオススメします

特にKEENはムラスポで安売りされていたりするので要チェック

 

では!



【 最後まで読んで頂いた方に 】


―――――――――――――――――――――――――――――

このブログは日本一周ブログランキングに参加中!!!
↓応援にぜひ 1クリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
↑↑日本一周ブログランキング

↓TwitterやFacebookからブログ更新通知をしています!
OLYMPUS E-M5 Mark2 軽量 防塵防滴

Facebookからコメント