【172-174日目】屋久島縦走 宮之浦岳へ(鹿児島)

9/30
ゲストハウス ゆかいな仲間たち
早朝3時起床
登山バス
荒川登山口から登山開始
白谷雲水峡
ウィルソン株と縄文杉
高塚小屋

10/1
高塚小屋
永田岳
宮之浦岳
淀川小屋

10/2
淀川小屋
紀元杉
屋久杉自然館
愉快な仲間たち
夕食

IMGP1830.jpg

宮之浦岳からの永田岳

朝3時に起床!
朝食を作って5時のバスに乗ります 

DSC06106.jpg

そして終点の屋久杉自然館
ここからは登山バスがあるのでそれに乗って荒川登山道へ
ちなみに登山バスのチケットは前日に買っておきます
当日でも帰るようですが事前に買っておくのがスムーズ 

IMGP1305.jpg

山ガールによって香水臭い満員バスに乗って30分程揺られて登山口まで
酔いすぎて吐きそうでした 

ここから登山開始!登山届を出して出発

予定

1日目
荒川登山道

白谷雲水峡

高塚小屋

2日目
高塚小屋

永田岳

宮之浦岳

淀川小屋 

3日目
淀川小屋

淀川登山口

紀元杉ゴール

Map

 

IMGP1309.jpg

トロッコがある
どうやら登山道沿いのトイレの糞尿を回収したりする時に動かすらしい 

IMGP1311.jpg

トロッコの道を歩いて進みます
元々は屋久杉を運び出すために使われていたトロッコ用線路

ここだけ洞窟を通ります 

IMGP1319.jpgIMGP1321.jpgIMGP1325.jpg

北海道の原始ヶ原でも見かけた食虫植物!!
モウセンゴケです。北から南まで生えてるんですね 

DSC06108.jpg

そして山の谷間から日の出

DSC06110.jpgDSC06112.jpgIMGP1327.jpgIMGP1330.jpg

トロッコ道を進んでいくとこんな橋もあります
正直怖いです 

IMGP1335.jpgIMGP1339.jpgIMGP1343.jpgIMGP1344.jpgIMGP1351.jpgIMGP1354.jpg

ここは小杉谷小・中学校跡
もともとここは小杉谷という1つの町がありました。屋久島の伐採が禁止されてついには村がなくなりました。
主な資料は屋久杉自然館にあるので見ていくと面白いですよ!ここも写真で見るとよくある街の景色があったんだなーっと想像できました。 

IMGP1359.jpgIMGP1360.jpg

ここは公民館跡
階段から杉が生えてる 

IMGP1362.jpgIMGP1368.jpgIMGP1373.jpgIMGP1383.jpg

この辺から線路を外れて白谷雲水峡へ行きます 

IMGP1387.jpgIMGP1391.jpgIMGP1393.jpgIMGP1399.jpgIMGP1400.jpg

トロッコ道はずっと平坦な道でしたが白谷雲水峡へは峠を1つ超えていかなと行けません

IMGP1402.jpgIMGP1406.jpgIMGP1411.jpgIMGP1415.jpgIMGP1419.jpg

もののけ姫の家みたい

IMGP1423.jpgIMGP1429.jpgIMGP1431.jpg

峠のてっぺんは太鼓岩への分かれ道
今なら登山客が少ないので太鼓岩へ行くことに 

IMGP1434.jpg

木がでかい

IMGP1436.jpgIMGP1437.jpg

少し登ると太鼓岩!
どーん 

IMGP1438.jpg

晴天!!!というかここだけでもかなりの達成感
下は怖いから見ない 

DSC06117.jpgIMGP1439.jpgIMGP1441.jpgIMGP1443.jpgIMGP1445.jpg

三重から来たというお二人
写真を撮ってもらったり撮ったり 

IMGP1446.jpgIMGP1450.jpg

下に降りて白谷雲水峡へ
いかにもなもののけ姫の舞台っぽい 

IMGP1455.jpg

水はこんな感じで汲んで飲みます
冷たくて美味しい。水に困らないって素敵
ガブガブ飲んでました 

IMGP1467.jpgIMGP1480.jpg

ここは白谷小屋
本当はここで寝て明日は新高塚小屋という予定にしたかったんですが、どうやら新しい台風が発生。明後日から天気が崩れると聞いて1日繰り上げて行動することにしました。 

休憩所として利用しちょっと急いで回ります。
今日は高塚小屋まで行きます 

IMGP1481.jpgIMGP1482.jpgIMGP1489.jpgIMGP1504.jpgIMGP1547.jpg

この写真モンベルで使って下さいw
パンフレットに乗ってそう 

IMGP1549.jpgIMGP1561.jpg

木の股をくぐったりします

IMGP1581.jpgIMGP1582.jpg

こちらヤクシカ
北海道と比べるとかなり小さい 

IMGP1587.jpgIMGP1591.jpg

こんな道を登ってトロッコ道へ戻ります

IMGP1600.jpgIMGP1603.jpgIMGP1605.jpgIMGP1610.jpg

やっと戻ってきた
トロッコ道から高塚小屋へ 

IMGP1612.jpg

この辺はまだトイレが何箇所にあって安心

IMGP1616.jpgIMGP1620.jpg

糞尿を運んでるトロッコとスレ違いました
ありがとうございます。
屋久杉自然館に入山料を払う所があるので500円払っておきましょう
トイレの処理代や保全に使われます 

IMGP1627.jpgIMGP1630.jpg

ここがトロッコ道の最後
ここから道が険しくなり登山らしくなります 

IMGP1632.jpg

これは翁杉
縄文杉に次いで太い木でしたが2010年に倒れてしまいました
倒れても人工的には手を入れずそのままになっています
そのままにするっていいね 

IMGP1642.jpgIMGP1649.jpg

人気が居ない瞬間をみていちこ久々の出演 

IMGP1646.jpg

この後はウィルソン株へ
さらっと書いてるけど結構時間かかります

かなりぶっとい切り株は空洞になっていて人が10人ぐらい入れるんじゃないかという広さ 

IMGP1658.jpg

見上げるとハート型になっています

IMGP1671.jpgIMGP1662.jpg

中は水が流れていてこの水も飲むことができました

IMGP1660.jpgIMGP1679.jpgIMGP1680.jpgIMGP1695.jpg

何度も何度も立派な木が現れます
ここの木は伐採されずに残されたようです 

IMGP1700.jpgIMGP1705.jpgIMGP1711.jpg

これが縄文杉
ついにきたー!根本が傷んでいて近くまで行けません
いけなくなったのはマナーの悪い登山客が縄文杉の表皮を削り、持ち帰ったから 

IMGP1714.jpgIMGP1718.jpg

先に進むと高塚小屋ついに発見!
なんと8月30日にリニューアルされたばかりで新高塚小屋よりも新しい高塚小屋となりましたw
水場が無いので縄文杉で汲んでくる必要があります 

IMGP1719.jpg

設計は建築家の坂茂さん
寄贈はレモンガス社長の赤津慎太郎さん 

やっぱり新しい小屋は快適!
なんと紙でできた小屋で屋久島の天候に絶えられるか試験的に建築したそうです

こっちがもともとの高塚小屋
今はテントが立てられます 

IMGP1720.jpg

そして定番のカレー
登山でも米は炊く
僕にアルファ米を買う金は無い 

DSC06118.jpgDSC06119.jpg

そして次の日
外は雨
レインウェアを来て出発!
名古屋から来たお兄さんと一緒に宮之浦岳と永田岳を目指します! 

IMGP1722.jpg

早速現れたヤクザル
こいつが怖い…目を合わせると威嚇してくる 

IMGP1724.jpgIMGP1726.jpgIMGP1730.jpgIMGP1731.jpgIMGP1736.jpgIMGP1737.jpgIMGP1739.jpgIMGP1744.jpg

展望台
もうすぐで森林限界!! 

IMGP1746.jpgIMGP1750.jpgIMGP1753.jpgIMGP1754.jpgIMGP1755.jpgIMGP1757.jpg

森林限界キター!!!
一気に見晴らしがよくなる 

IMGP1765.jpgIMGP1781.jpg

屋久島のカタツムリはなぜか黒いです 

IMGP1783.jpgIMGP1784.jpg

こっちは宮之浦岳

IMGP1785.jpg

こっちは永田岳
宮之浦岳へ行く前に永田岳へ行きます 

IMGP1788.jpg

道はかなり険しく、笹が背丈まで伸びていて歩きにくい
足元も崩れていて足を滑らすこと何度か 

IMGP1790.jpgIMGP1791.jpgIMGP1803.jpgIMGP1816.jpg

片道45分と地図にはありましたが急いでも1時間かかりました
往復2時間もかかるのか…つらい向かいの山は宮之浦岳! 

IMGP1802.jpg

開放感凄い
雲が被ったり引っ込んだり
曇ってるのは僕の一眼レフが曇ってるからです…いくらペンタックスでも雨の打たれすぎはダメですね

永田岳を下りて宮之浦岳を目指します 

IMGP1817.jpgIMGP1819.jpgIMGP1831.jpg

2時間ぐらいかけて登頂!!
疲れた…晴れるのは一瞬
見逃さないようにカメラをスタンバイ 

IMGP1843.jpgIMGP1830.jpgIMGP1839.jpgIMGP1844.jpg

一緒に登ったお兄さんはここから引き返して高塚小屋へ戻るとのこと
ありがとうございました!
長期の休みを貰って屋久島にきてるらしいですいってらっしゃーい

僕は淀川小屋へ向かって下山します
これが豆腐岩かな?
スライスしたみたいな岩 

IMGP1847.jpgIMGP1853.jpgIMGP1854.jpg

そしてこれはモアイ岩?
とにかく屋久島の岩は面白い
枯れ木も綺麗です 

IMGP1856.jpgIMGP1864.jpg

雨はやんでレインウェアはしまいます
暑いからね 

IMGP1869.jpgIMGP1870.jpgIMGP1877.jpgIMGP1881.jpg

登山道を歩いていると目の前に二匹の雄鹿が…
距離3メートルまで近づいてきました
しかも二匹ともかなり興奮気味

怖かったけど持ってるストックを振り上げて威嚇して追い払いました
追い払ってもまだ5メートルぐらいの距離を保って威嚇してくるからさっさと立ち去りました
ツノがあるから怖い 

IMGP1883.jpgIMGP1884.jpgIMGP1888.jpgIMGP1892.jpgIMGP1904.jpg

これはクシャナゲ
春になると凄く綺麗らしいです
又春に来ないとな← 

IMGP1898.jpgIMGP1920.jpgIMGP1938.jpgIMGP1949.jpg

個人的に一番の難所だと思うここの鎖場
すんごい滑る 

IMGP1951.jpgIMGP1959.jpgIMGP1966.jpg

降りて行くと湿原にでました!!
目指す淀川小屋はもうすぐです 

IMGP1971.jpgIMGP1990.jpgIMGP1994.jpgIMGP2008.jpgIMGP2009.jpg

ロボットみたい

IMGP2029.jpgIMGP2014.jpg

子鹿?小さいからわからない

IMGP2030.jpgIMGP2043.jpgIMGP2053.jpg

そしてやっと到着
淀川小屋へ! ちょっと急ぎ足で歩きすぎたかな。。。と思ってしまいました
もっとゆっくり歩いてもよかったかも 

IMGP2064.jpgIMGP2057.jpgIMGP2068.jpg

到着してみるとものすごい人
どうやら中学生の登山部?みたい
それ以外にも多くの登山客がいて小屋には入れない状況
隅っこにテントを張ることしました
持っててよかったテント 

IMGP2071.jpgIMGP2070.jpgIMGP2074.jpgIMGP2079.jpg

相変わらずカレー
米を炊いてその上で温めます 

IMGP2080.jpg

次の日はのんびりと出発です
みんな出発したかな?を見計らって行くぜー!!
進んでいくと世界遺産の地域をすぐに出ちゃいます 

IMGP2104.jpgIMGP2110.jpgIMGP2112.jpg

またもや鹿
こいつら逃げることはしないのか 

IMGP2113.jpg

そして淀川登山口へ到着!
ここからは歩いて紀元杉まで行きますコンクリートロードだからスタスタ行ける 

IMGP2120.jpgIMGP2136.jpgIMGP2138.jpgIMGP2158.jpgIMGP2172.jpg

これが紀元命水。名水百選です!!
もちろん飲んでいきました 

IMGP2179.jpg

こちらが紀元杉
すぐそこまで近づくことができて迫力があります!
おすすめです!僕は縄文杉よりこちらのほうが楽しかった 

IMGP2181.jpg

そしてバスに乗ってしたにおります
歩いて行くとものすごい遠いし、見どころがほとんど無いのでバスでショートカット 

IMGP2188.jpgIMGP2193.jpg

屋久杉自然館で下車
屋久杉自然館を満喫します 

IMGP2199.jpgIMGP2204.jpg

万博でも展示された土埋木
切り倒されて土に埋まっていた物を掘り起こしたのかな 

IMGP2210.jpg

自然館からは歩いて安房まで行きます
なかなか遠い
ハイビスカスが咲いてる。さすが南国だわ… 

IMGP2213.jpgIMGP2215.jpgIMGP2219.jpg

そして安房着!!!
今日もゲストハウスに泊まっていこうかな…
疲れたし荷物をパッキングしなおしたいし… 

IMGP2220.jpg

夕食は贅沢に「かもがわ」という定食屋さんへ!
地元じゃ有名らしい!!刺身定食を注文しました 

DSC06120.jpg

かなりのボリューム!
トビウオや亀の手や刺し身4種類…
最高でした!
かなりおすすめです。また行きたい…

この後はゲストハウスに帰ってすぐに寝ました!
明日から台風だけどどうしよう
お金もないしとりあえず出発することにします 

では! 



【 最後まで読んで頂いた方に 】


―――――――――――――――――――――――――――――

このブログは日本一周ブログランキングに参加中!!!
↓応援にぜひ 1クリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
↑↑日本一周ブログランキング

↓TwitterやFacebookからブログ更新通知をしています!
OLYMPUS E-M5 Mark2 軽量 防塵防滴

Facebookからコメント