大震災の日、僕は何をしてたか

東日本大震災から3年が経ちました。

あの地震の時、僕は何をしてたっけ?と思い返してみました。

 

僕は高校を卒業して大学入学までの春休みの期間はひたすら引越しのアルバイトをしていました。

引越しのアルバイトは結構楽しかったです。
移動中トラックの後部座席で特にやることもなく、寝てても時給発生するし、ただ荷物を運べばいいし、引越しのドラマを感じる事ができて嬉しい。 

荷物を持って階段を駆け上がるのは毎日でしたが、肉体労働は意外と楽しい。身体も鍛える事ができました。

それに色んな所へ行けるし。

 

2−4月のアルバイトの拘束時間はとてつもなかったです
朝5時から深夜0時まで引越しとか 。

 

そして3/11も引越しのバイトをしていました。
この日はマンションから新しく家へ引越すだけの案件でした。

マンションはエレベーターがついていて楽だったことを覚えています。

 

お昼にマンションから荷物を回収して、
夕方に、 新しい家へ

 

リビングに大きなテレビを置いて欲しいとの事で僕がやることに。
テレビが移動中に壊れていないかチェックするために、電源を入れました。

 

大型の漁船が道路を流れていました。 

僕「これ何の映画ですかね?」
お客さん「君なにもニュース聞いてないの?これは青森だよ。数時間前に地震があったんだよ」 

僕はてっきり、特撮物の映画だと思っていました。
愛知まで揺れたらしいですが、引越しの移動中だった為に気づきませんでした。
なので地震なんて信じる事ができず、全てのチャンネルを見てみると総じて緊急速報ニュース

これはただ事じゃない

 

東北に住む友人へ電話しましたが電源が入っていないため繋がらず
そのまま連絡がとれず、今は別の人の電話番号になっています。

 

 

 

では 

 

 

 



【 最後まで読んで頂いた方に 】


―――――――――――――――――――――――――――――

このブログは日本一周ブログランキングに参加中!!!
↓応援にぜひ 1クリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
↑↑日本一周ブログランキング

↓TwitterやFacebookからブログ更新通知をしています!
OLYMPUS E-M5 Mark2 軽量 防塵防滴

Facebookからコメント